【岩倉市/整体】圧は強ければ強い方が良い?それは大きな間違い?【いわくら大野整体院/骨盤矯正(調整)】

ご予約・お問い合わせ

ブログ

圧は強ければ強い方が良い?それは大きな間違い?

2021/08/08

圧は強ければ強い方が良い?それは大きな間違い?

 

結論から申し上げますと

圧は気持ち良いかちょっと痛いかなぁくらいの圧が丁度良いです。
(ちょっと痛いかなという圧も悪いとおっしゃる施術家の方もいらっしゃいますのであくまでお好みで)


整体、もみほぐし、マッサージ、オイルマッサージ等に受け慣れていらっしゃらない方は気持ち良いか、少し弱いかなくらいの圧をオススメします。
技術と知識のある施術者なら、その人にお任せするのが一番良いです。お客様の筋肉の状態に合わせて適切な圧でほぐします。


ここで一番気を付けなければならないことは、強すぎる圧です。

お客様の中でごく稀に「痛ければ痛い方が良い」、「強揉みじゃないと効かないので」、「強く押してくれた方が効くしやってもらった感がある」、「強く押されないと痛みを感じないし満足できない」、「揉み返しが好きだから強くやってくれ」とおっしゃる方がいます。
施術者でも強い圧の方が良いし体には効くから。


と思っていらっしゃる方がいますが、これは大きな間違いです。

ご自身の体を逆に壊しています。
もみほぐしやマッサージは外部刺激です。
強すぎる圧は打撲と同じようになります。

酷い場合筋肉の繊維が壊れ過度な揉み返しが起きることもあります。


揉み返しが起きた方が効いているし満足するから強く押してくれ」これも大きな間違いです。


揉み返しは筋繊維が壊れ怪我をしていることと同等です。
そして筋肉は強い圧に耐えられるように表面だけが硬くなっていきます。

 

自分は痛みに強いからどれだけ圧が強くても耐えられる」と自信たっぷりにおっしゃる方が極々稀にいらっしゃいますが、これは痛みに筋肉が耐えられるように悪循環でどんどん表面だけ硬くなり痛覚が麻痺しているだけです。
そういった方は鉄板が入っているかのようにカチコチの体になっています。

 

強いもみほぐし、マッサージを受けるとスッキリする


これは痛みで痛みを上書きしているだけです。
より強い刺激を受けたことにより、小さい刺激はかき消されているだけです。
ただ一時的に楽になったと感じているだけで、お体の状態が良くなっている訳ではありません。逆に悪くなっています。

 

そしてそのまま強いもみほぐしやマッサージを受けて続けていくと「痛みを感じないからもっと強く押してくれ」「全然満足できない」という風になります。
より強い刺激を求めて、状態を悪化させ、痛みを増幅、より改善されにくいお体を作っているだけになります。

 

この悪循環を抜け出して改善されたい場合はちゃんと技術と知識のある施術者に適切な圧で施術してもらうことをオススメいたします。
行きつけの場所がある場合は普段よりも弱い圧で受けられることをオススメいたします。

 

ここまでご理解いただけたでしょうか?
以上により強すぎるもみほぐし、マッサージは煙草と一緒で体に害のためオススメいたしませんし、いわくら大野整体院ではそういったもみほぐしをご要望の方の施術はお断りしています。
それでも強い圧をお求めの方は自己責任でお願いいたします。

 

いわくら大野整体院は某大手整体サロン元店舗責任者での経験を生かし、お客様1人1人に合わせたベストな施術を行っています。


詳しい施術内容についてはこちらのブログやホームページをご覧ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。